ヒーリングボランティア活動とは

 当協会のヒーリングボランティア活動

とは

 

「レイキのもつヒーリング効果を活用して、社会福祉に貢献すること」です。

 

その活用範囲はとても広く…

 

誕生から死(新たな旅立ち)までと表現される多くの生活に役立つもので…

 

・産婦人科病院での妊産婦へのケア

 

・母子センターでの母子の健康と予防活動

 

・乳幼児施設での養護活動

 

・小中学校での養護活動と生徒のケア

 

・一次医療での予防活動とリハビリ援助活動

 

・医療機関での各種治療や手術のケア

 

・緩和ケア病棟での心と体の痛み緩和ケア

 

・高齢者施設でのリハビリ訓練ケアや予防活動

 

・企業保健室での社員のケアーなど

 

…多くの場面で活動が考えられます。

            

医療機関に頼りつつ、少々の痛みは街のヒーリングサロンなどで解消する方も多く、アメリカの調査では国民3人に1人は街のリラクゼーションなどの代替療法を利用しています。


日本でも最近になってリフレクソロジー、アロマセラピー、エステや岩盤浴などの健康関連施設が増えており、多くの人が心身の健康に関心をもっているとうかがえます。


ボランティア活動は、有償無償を問わず他人に奉仕する活動として捉えられており、一定の社会規範の範囲内でその活動が成り立つものです。つまり、ボランティアにおけるヒーリングというものは、治療行為技法ではなくリラクゼーションとして存在しているため、当協会のヒーリングによるボランティアの主目的は、リラクゼーションです。

 

ただし、これは活動が実行される施設などでの利用目的によって、病気予防活動、治療補助、看護ケア補助、リハビリ補助などが目的となることもあり得ます。


現在、当協会では、滋賀県の公的医療機関A、緩和ケア病棟や豊中市老人施設等でのヒーリングボランティア活動を定期的に行っています。病院や施設の方針を理解し、「ヒーリングによるリラクゼーション(気持ちよくなって頂く)」を目的としております。

 


 この活動を通じて、古代から伝わる手当ヒーリングの可能性と意義を多くの医療・福祉関係者や国民の皆さまに知っていただき、広く医療や福祉、教育に貢献できることを願っています。