・香川県へレイキボランティア認定講習

2015年12月05日

10月15日、香川県から、滋賀県の公的医療病院緩和ケア病棟でのボランティア活動に石井フミエ様が見学参加され、12月5日、香川県宇多津の現地ヒーリング実践者8名+(講師・助手)、午後から4時間、認定講習を行いました。みなさんのご協力のもと、無事終えることができました。ありがとうございました。※写真(10名中、1名カメラ撮影)


ボランティア活動させていただくにあたり、医療・福祉施設等に勤務されている方々と患者さんや利用者との信頼関係を崩さないよう、言動には細心の注意を払い、あくまで癒しがメイン・補助的な立場であるという自覚をもってもらうことや、グループ別にヒーリングポジジョンの確認、50ページ以上に及ぶ認定プログラムや他の資料等も活用し、有意義な時間でした。

講習後の本場の讃岐うどん、とても美味しかったです♪ごちそうさまでした。


 

2016年2月14日第10回総会へのメッセージ 

香川県で現代霊気マスターとして活動をしております石井フミエと申します。昨年12月に日本レイキヒーリング関西協会様からボランティアの認定を頂き、ありがとうございました。私は、昨年7月にレイキマスターになり、月に2回の交流会と実践練習会を開催しております。9月に私が主催するレイキ交流会の場で、皆さんに、関西にレイキヒーリングのボランティア団体があり、活動をされていることをお話ししました。そして、その翌日が土居先生主催の芦屋でのレイキ交流会でしたので参加いたしましたところ、たくさんの参加者がいる中で松本さんと席が隣同士になり、自己紹介をされた時に日本レイキヒーリング関西協会の方だとお聞きし、びっくり致しました。休憩中に色々とお話を聞かせて頂き、早速、翌月10月に滋賀県の緩和ケア病棟に見学をさせて頂きました。ボランティアの皆様方の雰囲気がとても温かく心地よさを感じました。また、ボランティアの流れのスムーズさや手順の完璧さに感動致しました。そして、12月5日には吉田先生と松本さんにうどん県、香川県までお越し頂きボランティア認定講習会を開催することができたという、まさにトントン拍子に話が進み、松本さんとの出会いから約2ヶ月半で香川県で8名のボランティア認定者が誕生いたしました。大いなる宇宙の力がお働きくださったとしか思えないほどに、短期間のうちに実現いたしました。認定講習会の中で、松下日富美会長の「ヒーリングとヒーラーの心」の読み合わせをしながら胸が熱くなり、涙があふれてまいりました。ボランティアを通じて自己成長をさせて頂くということをしっかりと心に持ち、謙虚さを忘れずに取り組んでまいりたいと思います。そして講習全般にわたり「とても素晴らしい内容だった」「受けて良かった」と、参加者全員の感想でした。今はボランティアを受け入れて頂ける場所をあたっているところですが、実際にいくつかの病院に電話や面会をするなかで、医療機関のボランティア受け入れにおいての現状の厳しさを痛感しています。特に香川県は閉鎖的、排他的なように感じています。しかし、いつか道ができると信じて、志を持ち前進していきたいと思います。また、2回目の認定講習会を希望されている方が今現在6名います。希望者はまだまだ増えてくると思われます。レイキ実践者のボランティアに対する関心の高さを強く感じています。10年という素晴らしい実績をもつ日本レイキヒーリング関西協会様を中心に、日本各地にレイキヒーリングによる社会貢献の輪が広がりますことを心からお祈り申し上げます。今後とも、ご指導を頂けますようよろしくお願い申し上げます。ご縁に感謝いたします。ありがとうございました。香川県 石井フミエ