・アレクサンダーテクニーク講座(ご報告)

2016年5月29日

2016年5月29日13~17時。弁天町ORC200生涯学習センター 7階 第3研修室。参加者12名(14名中2名欠席)

受講者の感想:ヒーリング時、身体全体をつかって身体の機能をもっと使えるんだ。ということを知ることによってヒーリングの流れ方、量の違いが分かりました・自身の身体全体の中にある頭や脊髄の正しい位置を知り、意識することで、最も身体に負担の少ない体勢で以前より楽にヒーリング出来ることが学べて良かったです・骨格の可動域を知ることで、実際の身体の可動域が以前より広がり、無駄な力が抜け、より動きやすくなることが分かりました・身体を緩めることでレイキがよく流れ、ヒーリング効果が高まることが体感できてとても良かったです・坐骨の前に重心をかけるという点がとても楽に座れるということが分かりました・ヒーリングの時、意図する内容の違いによって送る側も受ける側も、こんなに違いがあるということに驚きました。

講師より:皆様に熱心に取り組んで頂いたおかげで、エネルギーワークにおけるアレクサンダーテクニークの活用可能性について確信を深めました。具体的には、施術中の体の使い方(姿勢、動き等)や意図の設定によって、腕や腰などの疲労が軽減される他、扱うエネルギー量が増大したり、質が向上する現象がみられました。心身どころか、現在は可視化されていないエネルギーフィールドに関しても、このようにダイナミックに連動しており、人間はまだまだ底知れない可能性を秘めていると感じました。また、さすがは、エネルギーに敏感な方ばかりですので、このテクニークがまどろっこしく、お伝えし難い部分があるにもかかわらず、体がサッと反応されて、機能がドンドン変わっていくのをみて驚きました。今後は、このテクニークを使って、一層、楽々と、かつ、効果的にワークして頂ければ幸甚です。末筆ではございますが、こちらこそ大変勉強になり御礼申し上げます。貴会の一層のご発展と皆様のご健勝を心よりお祈りしております。